2010年05月13日

首相沖縄訪問、民主内からも「意味不明」(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、鳩山首相の沖縄訪問に対する批判が収まらない。

 同飛行場の「県内移設」への理解を得るどころか具体案すら示さず、沖縄の反発をかえって強めた上、在沖縄米軍の抑止力への認識欠如なども露呈したためだ。

 首相は6日夜、批判に対し、「根回しとかやらないで下手じゃないかと、いろんなご意見もあろうかと思う。しかし、私としては自分なりの思いで率直、愚直、正直に行動することを尽くしていきたい」と強調した。首相官邸で記者団に語った。平野官房長官らは沖縄側の反発を「想定内」とし、5月末決着実現へ、強気を崩していないという。

 だが、沖縄県の仲井真弘多知事は6日も県庁で記者団に、「普天間の移設、米軍再編の見直し、どんな風にまとめていくのか筋道が見えない」と述べ、首相へのいら立ちを隠さなかった。

 国外・県外移設を主張する社民党から「あきれてものが言えない」(照屋寛徳国会対策委員長)との声が相次いだのはもちろん、足元の民主党内からも「政府案をきちんと示せるわけでもないのに、訪問は意味不明だ」(中堅)との批判があがった。

 7日にはヘリコプター部隊の移転先として想定している鹿児島県・徳之島の地元3町長と会談するが、理解を得られる見通しはない。

 こうした中、首相は事態打開策として、沖縄の負担軽減との「パッケージ」論を強調し始めた。

 4日の日米外務・防衛当局の実務者協議で、〈1〉米軍嘉手納基地に飛来する外来機訓練の県外移転〈2〉鳥島と久米島の両射爆撃場返還〈3〉沖縄本島東側の米軍訓練水域「ホテル・ホテル区域」の一部解除・訓練期間縮小――などを提起したのも、沖縄側の要望が強い負担軽減策を少しでも実現させることで反発を和らげたいとの思惑からだ。

 ただ、米側は移設問題の決着が前提との立場だ。クローリー米国務次官補も4日の記者会見で「我々は、うまくいく結論に到達するまで、このプロセスを継続するつもりだ」と述べるにとどめており、見通しは厳しそうだ。

<健康保険法>改正案 協会けんぽ保険料上昇抑制 健保反発(毎日新聞)
自公、予算委集中審議の開催を要求へ(産経新聞)
日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い(産経新聞)
米大統領どこまで理解?まだ判断つかず…首相(読売新聞)
痴漢取り締まり、検挙倍増=新入生、新社会人狙う−警察庁(時事通信)
posted by シモダ エツロウ at 07:28| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

はぎゅぅぅぅぅぅぅっ!!!!
お姉たまに先っぽツンツンされて、どっぴゅうミルク発射!!!!

お金もらえるしタダでできるし、調子乗ってやりまくってたら
いつの間にかMに調-教されとったわ!!笑
http://imageoff.net/eken/rdnk1bp/
Posted by ンギモチィィィィッ!!! at 2010年05月16日 08:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。